• HT

師走来る

12月に入り、やっと冬らしくなってきましたね。


期末テストも終わり、あとはクリスマス、冬休み、お正月を待つばかりといったところでしょうか。(中学3年生はそうも言ってられませんが…)


今日は生徒が来る前に、教室でいろいろと準備をしていたときに、夕日がきれいだったので、写真を撮ってみました。

















冬の夕暮れらしい感じで、写真が撮れていますかね?


さて今日は、あるネット記事のご紹介です。

昨年まで、東京都千代田区立麹町中学校校長を務め、今年度から横浜市にある横浜創英中学・高等学校の校長を務める工藤勇一氏のインタビューです。


まず、なぜご紹介したいかというと、工藤先生の考えがエスファシルの基本コンセプトに通じているからです。(というよりも私が影響を受けてるのですが)


工藤校長は、これまで学校で「当たり前」だとされてきた、宿題、定期テスト、担任制などをすべて廃止して、多くのメディアで取り上げられました。また積極的にICT機器を導入して、いま学校でも始まりつつあるオンライン学習を先取りしました。


詳しくは、工藤校長の著書、『学校の当たり前をやめた』をご一読してください。


https://www.amazon.co.jp/dp/B0856Z73W3/ref=dp-kindle-redirect?_encoding=UTF8&btkr=1



今回ご紹介するインタビューは、どうしたら子供が自主的に動くようになるかということについて、工藤校長が語っています。


https://resemom.jp/article/2020/09/16/58137.html


キーワードは「自律」です。そうです、自律はエスファシルの基本コンセプトの一つです。

自律とはまさに、”自分で物事を判断でき、自分でスイッチを入れて自分で学んでいける”力になります。(“...”部分、インタビュー本文引用)


自立するだけでなく、自律できる人を育てること、そんな塾にしたいと思っています。


補足ですが、インタビュー本文に出てくる、麹町中の生徒が提案したという、“違いを受け入れて他者を尊重できる「リスペクト」(尊重)”も好きな言葉です。


みなさんも体調に気をつけて、お過ごしください。


最新記事

すべて表示

夏休みへのカウントダウン

夏休みがもう少しでスタートします。そこで今日は夏休みの勉強について書いておきます。 (1)中学3年生 中学3年生の多くの人は来年入試が控えています。したがって夏休み中の学習の中心は、入試に向けた勉強することになります。そうは言っても、何も発展や応用など難しい問題に取り組む必要はありません。 大切なのは中学1年と中学2年の復習です。なぜなら入試では、6~7割は中学1・2年の範囲から出題されるからです

エスファシル第一期生の巣立ち

3月12日は公立中学の卒業式がありました。 エスファシルの中学3年生たちも無事進路が決まり、希望に満ち溢れて卒業式を迎えてくれたと思います。そしてエスファシルの第一期生の中3生たちも塾を卒業となります。 初年度エスファシル中学3年生の進路先は以下の通りです。 (通信制) ● 第一学院高等学校 (公立) ● 群馬県立安中総合学園高等学校 ● 群馬県立渋川工業高校 情報システム ● 群馬県立前橋商業高

1周年

いろいろなことに取り掛かっていて、ブログの更新が止まっていました。すみません。 その間に公立高校の前期入試の合格発表や後期入試、そして今日3月12日は高崎市内の公立中学校の卒業式とさまざまなイベントが目白押しでした。さらにこの3月2日で塾を開いて1年が経ちました。正直あっという間の1年というのがその印象です。 コロナという思いがけないこともありましたが、1周年を無事に迎えることができました。これも