top of page
  • HT

探究型学習サス学:夏の特別プログラム



あと10日ほどで夏休みが始まります。今年の皆さんの夏のご予定はすでにお決まりでしょうか?コロナも比較的落ち着き、海や旅行など外出する予定を立てているころかもしれませんね。


子どものころにさまざまな体験をしておくことは、その後の人生において大切だと言われています。国語や算数(数学)といった勉強も大切ですが、キャンプや天体観察、工場見学など普段できないことを、「学び」に挑戦してみることもお子様の成長につながります。


当塾は普段なかなか体験できない「学び」として、探究型学習サス学の講座を1~2月に1回のペースで開催しております。


この夏の開催では、外来種の問題を取り上げた「外来種ウォーズ」と防災について考える「ゴジラがまちにやってきた!!」です。


SDGsの学習や夏休みの自由研究のきっかけとして参考にもなると思います。


当塾ウェブサイトのNews、また以下のPeatixの専用サイトで詳細をご覧いただけます。


<Peatix>

「外来種ウォーズ」:https://peatix.com/event/3629087

「ゴジラがまちにやってきた‼!」:https://peatix.com/event/3620410



ご参加をお待ちしております。

最新記事

すべて表示

水平思考を鍛える。

みなさんは「水平思考(ラテラルシンキング)」という言葉をご存知でしょうか? 水平思考(Lateral thinking)とは、心理学者のエドワード・デボノ氏によって1967年に提唱された考え方で、問題解決のために常識や既成概念にとらわれずに自由な発想でアイデアを生み出す思考方法です。 論理的思考法、いわゆるロジカルシンキングはわりと有名ですが、論理的思考は「前提」→「推論」→「結論」という筋道を辿

冬休みスタート!

昨日(12月24日)より多くの学校で冬休みがスタートしました。 中学生や高校生の話を聞くと、冬休み前に出された宿題をかなり終わらせている生徒さんが多いようです。えらい! 宿題を早めに終わらせることで、冬休みも時間的に余裕ができると思います。(一部の高校では補習授業もあるので、余裕があるとはいえませんが・・・) その時間を自由に使うのも一つです。一方で、だからといって勉強しない期間が一定の間続くと、

Comentários


bottom of page